社会保険労務士VS中小企業診断士

<1>

インターネットの検索サイトで「社会保険労務士 中小企業診断士」のキーワードで検索したとき上位にリストアップされるのは、資格の学校、または社会保険労務士事務所や中小企業診断士事務所のホームページではなく、両方の資格に関するQ&Aサイトです。

「社会保険労務士と中小企業診断士では、どちらが取得しやすいか?」
「社会保険労務士と中小企業診断士では、どちらが稼げるか?」
「社会保険労務士と中小企業診断士では、どちらが将来有望か?」
寄せられている質問の細かな中身はさまざまですが、大きく分けると、「試験の難易度」に関する質問と、「資格の有用性」に関する質問が多いようです。

ところで、そもそもなぜ社会保険労務士と中小企業診断士は、このように比較の対象となっているのでしょうか?理由はいくつか考えられますが、どちらも「企業内」で活かせる資格である点が少なからず影響しているように思います。

いわゆる「士業」と呼ばれる資格としては他にも、弁護士、司法書士、行政書士、会計士、税理士などがありますが、これらはどれも、独立・開業を前提とした資格となっています。サラリーマンがこうした資格にチャレンジする際、ある種の覚悟が求められるのも事実でしょう。

一方、社会保険労務士や中小企業診断士は、もちろん独立・開業を目指すことも可能ですが、それとともに、たとえば社会保険労務士であれば総務部や人事部、中小企業診断士であれば経営企画部など、企業内で資格を活かすこともできます。そのぶんサラリーマンにとっては、独立の覚悟まで持つ必要はなく、もっと気軽な気持ちで受験に挑戦することができます。

両方の資格がよく比較されるその他の理由としては、難易度の要素も挙げられると思います。弁護士や会計士の資格を取得しようと思ったら、会社を辞めて受験勉強に専念し、なおかつ数年の期間を要するといったケースも珍しくありません。その点、社会保険労務士や中小企業診断士資格であれば、会社に勤めながら、しかも約1年間の受験勉強で資格を取得することも決して不可能ではありません。

このサイトでは、両方の資格を俎上に載せたうえで、主に「試験の難易度」と「資格の有用性」について比較・検証していきたいと思っています。共通点の多い社会保険労務士と中小企業診断士資格ですが、もちろん相違点も多々ありますので、参考にしていただいたうえで、自分に合った資格を選んでいただければと思います。

>>時間がなくても難関資格が取れる勉強法なら<<

Copyright(c) 2013 社会保険労務士VS中小企業診断士 難易度が高い資格はどっち?. All Rights Reserved.