通信で、合格に必要なポイントを無駄なく、無理なく学ぶ

<15>

社会保険労務士試験や中小企業診断士試験等の難関国家資格を目指すための学習法として、注目すべきは「通信教育」の活用です。前ページでお話しした通り、合格のための資格対策を考える上では、“暗記”と“理解”両方のバランスが重要になります。
しかしながら、独学で学習しようという場合、両者をどのようなバランスでやっていけば良いのか、その方針に悩む場面は多々生じることでしょう。
よって、資格学習法としては非効率な独学にこだわるのはあまりオススメではなく、出来れば専用の試験対策講座を活用し“暗記”と“理解”両方のバランスがすでに明らかにされた学習ツールで学ぶのが得策であると言えます。

 資格対策の講座といえば、通信教育だけでなく通学という選択肢もありますが、予備校に通うことを想定すると講座活用はぐんとハードルの高いものに感じられるでしょう。

わざわざ校舎に通わなければならないとなると、もはや気軽に始められる感覚ではありませんよね。
通うためには時間を確保しなければなりませんし、そのためにはスケジュール調整等の厄介な作業が付いて回ります。
資格学習のためとはいえ、こうした状況は考えただけでストレスです。また、難関国家資格対策の通学講座となれば、受講料もそれなりにかかるでしょう。
社会保険労務士や中小企業診断士の対策講座の場合、スクールごとにばらつきはあるものの概ね15~30万円の受講料設定となっており、これは決して小さな出費とは言えません。

 独学のような非効率的な資格学習法に終始したくない、それでも通学のような煩わしいやり方はちょっと・・・。そんな方にこそ「通信教育」がオススメです。
専門の対策講座を活用し、自宅で学べる通信教育なら、独りよがりの学習法で失敗することはありませんし、時間的、金銭的に余裕のない方でも気軽にスタートできるはずです。

「通信教育にはあまり良いイメージがないから」という方も、まずは食わず嫌いを止めて、講座に注目されてみてはいかがでしょうか?
ひと昔前と比較すると、最近の資格対策用通信講座は格段にクオリティが上がってきています。
アナタの合格のために必要なものを提供してくれる講座は、意外にも身近にあるかもしれませんね。難関突破のために、使えるものはしっかり活用してまいりましょう!

>>時間がなくても難関資格が取れる勉強法なら<<

Copyright(c) 2013 社会保険労務士VS中小企業診断士 難易度が高い資格はどっち?. All Rights Reserved.