資格は「両方をバランス良く活かす」のが難しい

<17>

さて、前ページでは「社会保険労務士と中小企業診断士のダブルライセンス」について触れましたが、そもそも大変な苦労をしてまで両方を取得するメリットはあるのでしょうか?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

【本当の意味で“ダブルライセンスで成功している”ケースは意外と少ない】

社会保険労務士と中小企業診断士のダブルライセンスをウリにする事務所は、ネットなどで検索すると、確かにちらほら見かけます。
いずれも合格率一桁台の難関であることを考えれば、一人で両方を取得してビジネス展開されている先生には、純粋に「すごいな」「優秀なんだな」と尊敬の念を抱かずにはいられません。

しかしながら、実際に資格による相乗効果によってその事務所が繁盛しているかといえば、必ずしもそうとは言えない現実もあります
このことは、社会保険労務士と中小企業診断士のダブルライセンスに限ったことではありませんが、たいていの場合、「結局どちらかに業務が偏っている」といった状況に終始しがちです。
実際に、「社会保険労務士と行政書士の看板を掲げていたけれど、行政書士は廃業したよ」という声は多いですし、その逆もまた一定数います。
現状、仕事の間口を広げるためだけに、何とか廃業せずにダブルライセンスを名乗っている、という方もいらっしゃいます。

よって、社会保険労務士と中小企業診断士のダブルライセンスで、どちらもバランス良く収入が得られるというケースは、個人的には非常に稀であると感じます。

【もっとも利口なやり方は「目指しやすい資格でその道の専門家を目指す」】

ダブルライセンスを目指すには、相当の苦労と時間を要すものです。
「二兎追う者は一兎も得ず」と言いますから、その言葉の通り、両方を目指していても、結局どちらも取得できなかったというのでは元も子もありません。

それでは資格を活かして働きたい場合、どうするのが良いのでしょうか?
その答えは「まず目指しやすい方を取得し、士業として業務に携わること」です。
資格を取得することの第一目的は、「仕事をして収入を得ること」
ここを大前提とするなら、やはりダブルライセンスにばかりこだわるべきではなく、一日も早く何かしらの資格で実務家デビューをすべきだと感じます。
「自信がないから」といつまでも仕事を始められずに、「あの資格さえあれば」「これさえ取れれば」と資格頼みになってしまうのは、いわゆる“資格貧乏”の始まり。くれぐれもお気を付け下さい。

>>時間がなくても難関資格が取れる勉強法なら<<

Copyright(c) 2013 社会保険労務士VS中小企業診断士 難易度が高い資格はどっち?. All Rights Reserved.