社会保険労務士資格とは

<2>

社会保険労務士と中小企業診断士の比較に入る前に、まずはそれぞれがどんな資格であるのかを確認しておきたいと思います。このページで取り上げるのは、社会保険労務士です。

社会保険労務士がどんな資格であるかについては、この資格のとりまとめ団体である全国社会保険労務士会連合会による説明がわかりやすいので、そちらを紹介したいと思います。

「『社会保険労務士』は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです」。

ここでのポイントは大きくふたつあって、ひとつは「労働・社会保険に関する法律」の部分、そうしてもうひとつは「ヒトに関するエキスパート」の部分です。

社会保険労務士というのはまず、労働保険と社会保険の両方に関する法律に精通していなければなりません。社会保険労務士には、就業規則や人事考課制度を作成するコンサルタントとしての顔と、給与や社会保険料の計算を行う事務屋としての顔がありますが、労働保険・社会保険の両方の法律知識を習得しているからこそ、こうした幅広い業務に携わることができるわけです。

そして何と言っても、社会保険労務士というのは「ヒトに関するエキスパート」です。全国社会保険労務士会連合会の説明にもありましたが、「ヒト」というのは企業経営の3要素のひとつですが、3要素のなかでもっとも重要なのが「ヒト」だとも言われています。つまり社会保険労務士というのは、企業経営のもっとも重要な部分に関するエキスパートだと言えるわけです。

平成19年には、経営者と労働者間でトラブルが生じた際にその解決手続代理業務を行うことのできる「特定社労士」という制度が新たに定められ、社会保険労務士の業務の幅はますます広く、そしてその社会的責任はより大きくなっています。
こうしたあたりもまた、社会保険労務士人気を高めるうえで、ひとつ追い風となっているようです。

>>時間がなくても難関資格が取れる勉強法なら<<

Copyright(c) 2013 社会保険労務士VS中小企業診断士 難易度が高い資格はどっち?. All Rights Reserved.