社会保険労務士・中小企業診断士は、通信選びで時間をかけないほうがオトクです

<21>

社会保険労務士と中小企業診断士は、独学や通学よりも通信教育で学習したほうが建設的でしょう。どちらの資格の場合でも通信なら、独学の弱点(時間がかかる上に、“暗記”と“理解”のバランスを取りづらい)・通学の弱点(毎日のように学校に通うという負担に加えて、授業料が高い)からまぬがれることができます。

以上の点に気付いて通信で学ぶことを選んだ受験者は、次に何をするでしょうか? おそらくは、どこの通信教育にしようか調べたり選んだりすることでしょう。ところでその作業が、時間がかかることがあります。最近は、社会保険労務士の通信も中小企業診断士の通信もたくさん開講されているからです。

ここでは、社会保険労務士および中小企業診断士の通信講座の見分け方を数点、取り出してみましょう。

講座料金の安さ
「通学するより通信のほうがやすい」とはいったものの、必ずそうなるとは限らないのです。
たとえば通学講座と通信講座を両方提供しているところがあります。このようなところでは、通学と通信の授業料があまり変わらないことが多いです。なぜならば、通信を安くすると通学の希望者が激減してしまうからです。
通信だけをやっているところのほうが(全社ではないですが)安く申し込める機会があるでしょう。

受講者の合格率の高さ
やはり、その通信の受講者の合格率が高いほうがいいです。全国平均の合格率よりはっきりと高い合格率に達しているなら、その通信はすぐれものでしょう。

もっとも合格率を発表していない講座は珍しくありません(この点は、通学講座・通信講座ともに共通していますし、社会保険労務士の講座・中小企業診断士の講座ともに共通しています)。受講者の合格・不合格の状況を調査できないケースもありますが、堂々と公表できる結果ではないというケースも考えられます。

テキストの読みやすさ・わかりやすさ
教材の見やすさ・わかりやすさ
これまた、要確認点です。パンフレットのような紙媒体の資料を通して、テキストや参考書の内容を一部紹介しているところは多いです。しかしもっとわかりやすいのは、ホームページ。今ではサイト上で、テキストや参考書のページ構成を、またはDVDや動画で講義映像の一部を紹介していることが多いです。わかりやすいかどうかはしっかりと確認すべきです。

>>時間がなくても難関資格が取れる勉強法なら<<

Copyright(c) 2013 社会保険労務士VS中小企業診断士 難易度が高い資格はどっち?. All Rights Reserved.